旦那

は?結婚記念日のプレゼント?!・・・コレが?!

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村

結婚記念日兼ヒゲちゃまのお誕生日な日、

記念にヒゲちゃまが買ってくれたもの。

101102

・・・・・(-_-X)

何でよりによって男性向け・・coldsweats01

何でよりによって週刊・・coldsweats01coldsweats01coldsweats01

「たまには母国語で漫画でも♪」

と、

思ってくれたんだろうけどっ!

・・・けれどもっっ!

・・・・・週刊誌だからねε-( ̄ヘ ̄)┌

どれ読んでも、

途中から始まって途中で終わるから

チンプンカンプンやっちゅうねんsweat02

しかも!

この

「超特大付録!

七代目武装戦線ビッグフラッグ」

・・・・「ど~、な~、い~、せぇ」、

・・・っちゅうねんannoy

・・・せめて、女性雑誌にして欲しかった・・。

そんな希望は贅沢でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛行機満席

一足先に香港に戻っていた旦那から電話。

(旦那、父の通夜と葬式に出席する為に、

12月30日から1月10日まで

また自力で富山に来てくれてた。)

「飛行機のチケット、

どこもいっぱいで取れないよんwobbly

来月、父の49日法要が終わったら

香港に戻ろうと思っていたワタシ。

ところが、この時期、香港(中国)は

お正月(旧正月)。

今回の滞在がここまで長くなると

思ってなくて、飛行機の片道をキャンセル

してしまってたので、

日本に居たい放題heartしてたんすけど

去年、結婚して迎える初の旧正月は、

日本出張で旦那の家族と過ごせてないので、

今年は絶対!!

と、アマー(姑)が思っているらしい。

ホント、超ウザい。

向こうで取れないというので、こっちで検索。

ワタシ、自慢じゃないけど、海外生活10年にして、

飛行機チケット初手配。

今まで、どこに行くにも会社手配やったから。

どこがいいのかな~と、安そうなH.I.S.とか、

郵船トラベルとか、検索しながら見つけたのがコレ。

イーツアー。

単純明快好きなワタシにはピッタリsign01

ちょっと(この時期だから?)

学生向けの年齢制限ありのサービス

ばっかりで、大人な36歳には

格安・・っちゅうほどじゃ

なかったけど、手続きの手軽さと

対応の速さに乾杯beer

チケットも無事に取れたheart

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へぽちっと応援お願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒゲちゃまっ!!

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

こんな長いこと富山にいると・・・

両親の役に立ちたい、と切に思う反面、

こう思ってしまう。

ヒゲちゃまぁぁぁぁぁぁぁぁ~っ!!

・・・ヒゲちゃまに会いたい・・・weep

間違いなく自分の意思で、

ここにいるんだけど、

同時進行で・・・寂しいすっbearing

ワタシはワタシのチョイスで

仕方ないとしても、そのせいで、

ヒゲちゃまも寂しい思いをしなくちゃいけないことが

申し訳ないやら、切ないやら。

Cocolog_oekaki_2009_12_14_20_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒゲちゃま先に帰る

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
昨日はヒゲちゃま(旦那)の来日、

最後の夜だったので、

父の病室を出てから、外で食事しました。

一緒に過ごせなかった、

旦那の誕生日と結婚一周年の代わり。。

帰り途、旦那はトイレに行きたくなったらしく、

大と小を日本語ではなんと言うのかと

聞いてきて、駅から歩いて帰る間中、

「オシッコ。オシッコ。オシッコ。」

「ウンチ。ウンチ・・」

と手をつなぎながら繰り返すので、

その辺の酔っ払いのおっちゃんが

怪訝な顔で見てましたcoldsweats01

ワタシはと言えば、

当然恥ずかしいのですが、

可愛いおヒゲちゃまのすることなので、

苦笑いしながら見守りましたlovely

先週日曜に、初の単独来日をしたヒゲちゃまは、

この寒空に、あり得ない半袖Tシャツ、というイデタチでしたが、

今朝4時半に家を出る時には、

長袖トレーナーにしっかりヤッケを着こんで、

それでもちょっと寒そうにしながら

(相変わらず)小さなリュック一つで、

関空に発っていきますた。

飛行機が遅れなければ、そろそろ香港に

着く頃・・・。

何てったって、遅刻常習犯のインド航空・・だからな~・・・・・bearing

でも、ヒゲちゃまが来てくれて、

この、あまり楽観できない状況の中で、

すんごい和めましたheart04

ワタシも両親の心の緩和剤目指して

努力しますangry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衝撃の・・・?!ものさし片手にご覧ください。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
Rimg0012 大きさが判り易いように、

突然ですが、

クイズ。

これは何でしょう?

10円玉と比べてみました。

何かの魚?ナマコの子供?

この物体の裏側はこのようになっています。

魚・・・の干物系?!

Rimg0011 ヒント:通常、これは

ここまで巨大化は

しないはず(?)のものです。

これは、ヒゲちゃま(旦那)のです。

丸みと厚みを帯びたこの物体を、

指でのして物差しと一緒に撮ってみました。

Rimg0014 2.5cmくらいすわ。

ちょっと不気味な物体すよね~。

・・今から答え言いますから、

衝撃を味わいたい方は、

物差し片手に、その大きさを実感しながら

見比べていただきたいと思います。

これ実は・・

ヒゲちゃまの












耳垢。impact

昨日ヒゲちゃまが風呂上がりに

自分の耳垢掃除をして取れました。

ヒゲちゃまは超乾燥肌で、

湿度が下がる秋から冬に

かけては、可哀相なくらい、

全身ひび割れ人間に

なるんですcoldsweats02 

特に、香港より湿度の低い

日本に来ると、カサカサっちゅうか、

パサパサちゅうか、・・・紙みたいすわweep

Cocolog_oekaki_2009_11_11_20_31

多分、そのドライスキンが関係

しているのだと思うのですけど、

皮膚がすぐに角質化して、

溜まってしまうみたいで、

耳掃除をすると、こんなアンビリーバボーな

巨大耳垢が取れます。

それで、結婚前は自分で、皮膚科で

もらったというオイルを塗ってたんですけど、

全然効き目もなく・・(それでも40数年使い続けて)。

それで、ワタシ、一生懸命考えました。

flair    

女の子が普通にやるみたいに、

化粧水と乳液を使って

全身の水分を閉じ込めようと。

全身に化粧水を塗って、それから乳液を

塗ると、大体1時間くらい。

そして、化粧水も乳液もあっという間に

なくなります。

でも、医者からもらっているオイルが

皮膚に害もなくて一番と思って、私の

マッサージを馬鹿にして、相手にしてくれなかった

ヒゲちゃまが「夏の肌(皮膚が適度にオイリー)

みたいheart01」と感動してくれたことが忘れられず、

今じゃあ、毎晩の日課す(*^.^*)

それでも、耳の中の皮膚は保湿

できないので、相変わらず驚きの巨大耳垢。



こんなおっきな耳垢があって、よく

耳が聞こえてるなと思うくらい・・。

こんなおっきな耳垢が取れると

気持ちよさそうなので、

耳掃除の達人目指すか。

ヒゲちゃまが来てくれて、いろんな意味で、

気分が紛れます。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

旦那、初の単独来日。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村

日本語のできないうちのヒゲちゃま(旦那)が昨日着いた。

ヒゲちゃま、日本語ができない上に、日本で使える

携帯電話もない。

・・・しまったな~と思っていたけど、

香港で交換してきた日本円で、

ちゃんとテレカを買って、午後1時過ぎに

「今、関空についたよheart

と電話くれました。

それから、一体何時の電車に乗ったのか、

連絡がないまま、一旦病院から家に戻った

私は時刻表を調べました。

関西空港から新大阪まで50分で、

新大阪から高岡まで3時間だからぁ・・・

17:51高岡着の電車かな?と

迎えに行くと、17:49にワタシの携帯が鳴り、

旦那は電車の中にも公衆電話があることに

気付いたらしく、そこから

「もう着くよ」と電話をくれました。

「もう駅に居るよ。」

と言って、改札で待っていると、

香港から出発する時に、

あ・れ・だ・けっ、

「こっちは寒いsnowから、

絶対にあったかい格好を

してこい」、って言ったのに、

ヒゲちゃまが涼しい顔をして、

半そでTシャツ一枚impactにジーンズ、

そして、ちっちゃいリュックサック、

というイデタチで改札を出てきました。

・・・アンタは更年期障害の西洋人かっ!

でも、ワタシにとっては、すごい心強い援軍が

到着です。無事に着いてホントによかったheart

そのまま父の病院に直行しました。

父の病院では、大変な事になっていました。

水や氷を飲んでも戻していた父ですが、

もはや戻すのは胃液でも胆汁でもなく、weep

それを、頻繁に戻すのです。

あんまり頻繁なので、今朝からは

鼻にチューブを通しました。

それで、「戻す」という作業をしなくてよくなり、

父も母も体力的に楽になったみたいです。

ここ10日間、神経を高ぶらせたまま、

「眠い」という欲望をすっかり忘れていた母も、

久しぶりに口パクもなく、穏やかにいびきを

かいて寝ている父を見て、10日ぶりの

「あくび」をしていました。

今晩、母が少しでも多く眠れるといいな、と

思います。

でも、ひっきりなしに管を通る血を見ていると、

その先を考える事をやめたくなります。

血だって、1リットル出れば輸血が必要です。

このまま際限なく出血が続けば、

際限なく輸血してもらえるのか・・・bearing

一見、穏やかさを取り戻したような今が

余計怖い・・・crying

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夫婦別姓

ブログネタ: あなたは“夫婦別姓”に賛成? 反対?参加数

香港ではみ~んな夫婦別姓。

まあ、厳密には完全別姓じゃなくて、

女性の方は、ちょっと変わるんですけどね~。

旦那さんの姓が自分の姓の上に

つくんです。

これは別に結婚証明書に記載されたり、

法的にこの名前を使用したりするわけじゃ

ないんですけど。

例えばここに、陳小梅さんが居たとします。

そして、劉富国さんに嫁いだとします。

そしたら、劉陳小梅ですわ。

かといって、これまで「陳さん」と

呼んでた周囲が、「劉陳さん」と呼び始める

わけじゃなくて、「Ms.陳」or「Mrs.劉」

という扱いになります。

だから、旦那側の姓「劉さん」で呼ばれる時は、

「劉太太。」(太太は「奥さん」という意味です。)

と呼ばれることになります。

ちなみに、ワタシは、香港人の旦那と

結婚したので、普通に夫婦別姓でしたが、

随分小さい頃から、

「どうして結婚したら、姓が変わらなくちゃ

いけないんだろう・・。」

と常々思っていました。

日本は結婚して、どちらかの家に

入籍すると、実家の方は除籍に

なってしまいます。

まあ、そうしないと二重戸籍で、

住民税とか選挙とかでややこしいから

でしょうけど、

「家族」だったのに「家族じゃなくなる」という

制度が、とても寂しいもののように思えて、

たとえ除籍になるにしても、

ワタシはワタシの姓のままで、

相手の家に入る。

それでいいじゃないか。

将来は夫婦別姓がいいなあと

思ってました。

だから、夫婦別姓でとても

よかったです。

何がよかったって、

何も変わらないところ。

・・・ですかね。

男性も女性も、それぞれが自分の

持って生まれた名前のままで、

でも、一つの家族として、

お互いの家族を尊重し合って

いけたらいいんじゃないかな~・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へアジア在住の日本人によるブログ
ポチっと応援お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

消えたカエルご飯

アマー(姑)のカエルご飯で、

すっかり貧血から開放されたワタシです。

(ホントにこのカエルご飯のお陰なのか、

時間が経ったので、ある程度調子を

取り戻しただけなのか、甚だ疑問ですが・・)

でも。

多過ぎましたbomb

カエルご飯impact

二回目に作ってくれた分。

まあ、アマーにしたら「いつもどおり」なんですが、

ご飯ジャー一杯です。

・・・・・どうして。

・・・・人間、好きな物でも、

一週間しかも

毎食食べ続けたら、飽きますでしょ。

そうでしょ?!up凸(`Д´メ)

・・・それを、・・・・カエルご飯でshock

・・・必死で食べましたよ。

旦那と毎食毎食。

そして。

4日目の朝に、旦那が先に切れました。

「・・・・捨てよう。アマーに言わないで。」

二人とも今食べかけの分も捨てましたbombimpact

だってね、骨が多いんです。

しかも鶏肉とは明らかに違う、

ペラペラで透明な

軟骨みたいな柔らかい骨とかあるし~。

あとホラ、よく漫画でかく犬の骨ありますでしょ。

Cocolog_oekaki_2009_10_15_23_57

ちゃんとこんな形をした、

3mmくらいのちっちゃい骨とか、

そういうのがあって、しかも、

生臭いカエルの風味がどうしてもあるんですね~。

旦那とワタシ二人がかりで4日間食べ続けましたけど、

半分以上残ってましたsweat02

昨夜、空になったご飯ジャーを返却すると、

アマーが「食べたのheart」と聞いてきました。

「うん。吐くまで食ったよ、あんな気違いみたいな量!annoy

と旦那が答えました。

「おや、そうかい?たった二合のご飯だったけどねぇ~。

カエルは1キロ入れたけど。」

とアマーが涼しげな顔で言いました( ゚皿゚)キーッ!!

「ご飯だけでも5合はあっただろ!!annoyannoyannoy

と旦那が言っても知らん顔です。

そして、そこで急に話題は転換。

「でも、カエル粥だけは、街頭で

食べるなよ。」とダーリン。

(注;っていうか、ワタシは自分だけでカエル

食べませんから。)

「街頭で出すカエル粥は、あの柔らかい

食感を残す為に、煮込んで、ちょうど

火が通った瞬間に出す。

でもカエルは、豚肉と同じで

体内の虫がすごいから、よくよく火を

通さないと危ないんだよ。」と。

するとアマーがすかさず、

「あたしが作った分は心配ないよ。

ちゃあんと皮もはずしたしね。」

それから、

ダーとアマー親子二人で、

ワタシにカエルの捌き方伝授。

「まず、カエルを仰向けに寝かせるだろ。

そして、この部分(首を指差して)に

包丁をバスっ!そして、ここで、

皮を完全に切り落とさないのが

コツなんだよ~。

カエルの首をバスっと皮一枚残して

落としたら、あとはその頭をひっくり返すように

引っ張れば、手も足もツルンshine

全部皮だけ剥がれて

肉の塊になる。

肉は食べて、剥いだ皮と頭は

ジュースの缶にかぶせて、日光で

日干しして、太鼓にしてよく遊んだもんだwink

その話で、ワタシが固まっているのを

見ると、何故か二人はとても嬉しそうに、

ねずみを木から吊るして、

手製の矢で射抜いて遊んでいた、とか

アリをペンキの缶の中に落として、

ちょっとずつ沈んでいくのを見て楽しむ、とか

サムイ話をして、懐かしそうに盛り上がっていました。

ワタシは一人凍っていました。

Cocolog_oekaki_2009_10_16_00_43

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へポチっと応援クリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゴキの鳴き声?!

とうとう、ヒゲちゃまの愛の特訓の成果が

試される時がやってきた。

(前の「愛の特訓」を見てねheart

それは、ヒゲちゃまが仕事で外出していた夜のこと。

ワタシは椅子に腰掛けて、新聞を読んでいました。

・・・すると

「ギ、ギ・・・」

という音が聞こえたのです。

普段、全く聞き覚えのないその音に、

ワタシはハっとして、その音の方向を

見上げました。

すると!

柱にゴキが触覚をヒヨヒヨ動かしながら居たのです。

学生時代から、中国に出て何年も住んでいるワタシ。

ゴキとの対決の歴史は数知れずimpact

それでも、ゴキは特別で、

あの不気味な姿を眼にするたび、

一瞬、心臓がキュッと締め付けられるような気がします。

でも、今回のワタシは違いました。

心臓が縮み上がる前に、

サンダルを手にしましたsign01

そして、狙いをつけるのに、

いつもは、じっと敵を凝視する間に、

ゴキが素早く移動してしまったり、

恐怖の余り、手元が狂って

全然的外れな場所を叩いたりするワタシですが、

今回は流れるようなスムーズなフォームで、

ゴキをぶっ叩きました。

ゴキはポタリと床に落下。

力を入れすぎて、潰してしまったかのように

思えたのですが、ゴキの体はすぐに

元の膨らみを取り戻し、脚をピクピクさせました。

そこで、床に落ちたゴキに、中性洗剤攻撃。

うちで使っているのが、水で薄めて使う濃縮タイプの

手に優しい系のせいか、市販の食器洗い洗剤ほど

のた打ち回りませんでしたが、

ゴキは力なくバタバタした後、息絶えました。

ここまでは、ゴキ退治の中では序の口です。

何といっても、一番イヤなのは・・・・

このゴキの後片付け。

ですよね~~~(^-^;

日本で出ている泡タイプの殺虫剤で、

そのまま泡を持って捨てられるヤツ。

アレが欲しい・・・!!

でもねえ、気体系のスプレーは

日本から持ち出しする時に、止められるんすわ。

数年前も、発売当初の霧が噴出すタイプの

殺虫剤をごっそり買い込んで、全部関西空港で

没収された、苦い経験があります。

(そのタイプは今、香港でも購入可能。)

つかんで捨てる泡殺虫剤が、一日も

早く香港に上陸することを願いつつ、

小箱の蓋と土台を、ほうきと塵取りに見立てて、

ゴキの死骸を回収しました。

よりによって、ちょっと分厚めの箱だったので、

ゴキの触覚と脚を挟んだまま、バチっと閉めた為、

乾燥春雨がパキパキと折れるような

何とも言えない感触が残りましたが、

今日の戦いの華麗さは、ワタシとゴキの

おっかなびっくりの戦いの歴史上に、深い意義を

残す戦いとなりました。

・・・これもヒゲちゃまのお陰。

・・・・・・・・でしょうか?

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へにほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

ポチっと応援お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛の訓練

ある朝、起き抜けにリビングに行くと、

窓から足長バチが入ってきました。

その時、まず思ったのは、

「全然効かねぇじゃねえかよ、虫コナーズannoy

(窓に吊るしていたもので・・・。)

ともかく、結構大きいハチだったので、

まだ寝ているヒゲちゃま(旦那)を叩き起こして、

「ハチが!ハチがっ!」

・・と訴えたのですが、そんなことより眠いヒゲちゃまは

聞いちゃいません。

ワタシに「・・・殺れ!」と言い残して

再び眠りにつかれました。

「・・・・・。」

リビングに出ると

ハチはいなくなっていました。

それで、そのままワタシは

用事があったので外出したのです。

戻ってくると・・・。

旦那のデスクの上に・・・

足長バチが変わり果てた姿でおりました。

090607_2

・・・・「ヒ、・・・ヒゲちゃまshock?!」

「これをつかんでトイレに捨てろ。」

・・・・・・「ミッションインポッシブル」!!

気分はトムです。

〔何でこういう状況になっているかというと、

ダーが、虫を異様に(や。多分女性なら普通に)怖がるワタシを

心配して、虫嫌いを克服してやろうという、愛のムチですわ。

わざわざ自分が退治したハチのご遺体を

自分のデスクに置いて、ワタシに始末させようなんて・・・sweat02

ヒゲちゃまは、涼しい顔で仕事の電話をしながら

眼だけで「この始末をしろ!」と

指令を発信し続けています。

ワタシは首をブンブン横に振りましたが、

ヒゲちゃまはムシすわ。

「・・・・・・・・。」

仕方ないので、トイレットペーパーを

5重くらいグルグルに手に巻いて、

ハチの遺体を回収し、トイレに流しました。

すると、電話が終わったヒゲちゃまが言うのです。

「誰が、トイレットペーパーを使っていいと言ったannoy?!」

・・・どうして、そこまでする必要があるんすか。

直接つかまなくても処分しただけで

もう十分エライじゃないすか?

・・・ワタシは途方に暮れますた。

そして、また日が変わったある日。

ワタシが家から戻って、何気にベッドルームに

入った瞬間、いつもと違う空気を感じました。

「!」

見ると、ベッドルームのゴミ箱付近の

床に、足長バチのご遺体が、今度は

セロハンテープで貼られてあるではありませんかsweat02

後から知ったことですが、

窓の桟にハチが巣を作ってたんですね。

虫コナーズが効かないというよりは、

巣が近すぎたんですね~。

「・・・ヒゲちゃま!!」

すぐにリビングにいるヒゲちゃまを呼びました。

「うん。」

ダーは皆まで言うな、という顔をして

入ってくると、

「お前を訓練してやるために

残しておいた。」

・・・と言うのですimpact(またかよshock

今度はセロテープをはがさなくては

いけないので、かなりハチと至近距離すわ。

「・・・・・。」

戸惑うワタシを尻目に、ヒゲちゃまはビっと

セロテープをむしりとって、

それをワタシの目の前にブラブラさせました。

「やめてくだされ~!!(lll゚Д゚)」

そんなワタシの悲痛な叫びもヒゲちゃまには

届きません。

「これはもう死んでるんだ。ホラ。ホラ。」

とヒゲちゃまはハチの足を弄びます。

「・・・・・。」

相当筆舌に尽くし難いほど、途方に

暮れてみたワタシですが、どうしても

ヒゲちゃまは止めないので、

仕方なく・・・

ツンimpact

と人差し指で生のハチの足に触れましたdown

その一発で、ワタシの頭の中の

何かがプツンと切れますた。

ワタシは一種の(恐怖からの?)

興奮状態に陥って、

「ツン、ツン、ツツツツン!」

とヤケクソで何回も触りました。

すると、あんなちっちゃなハチの足の先の

鈎爪に引っかかって、ハチの遺体は一瞬、

ワタシの指に引っかかって、グランと

揺れて、ヒゲちゃまの手から離れると、

一瞬ワタシの指から

ブランっと垂れ下がって

ワタシの指からも外れて、また床に

落ちました。

ゼイゼイゼイ・・・・(@Д@;

その様子を見て

ヒゲちゃまは、一応「満足した」様子で、ハチの遺体を

素手で拾うと、トイレに流しに行きました。

よく、道でゴキと遭遇すると、ヒゲちゃまは

「踏め。踏んでお前の心の中の恐怖を

克服しろ!」

と言います。

・・・人間、少しくらい苦手なものが

あってもいいじゃないか。

正直、この虫の仕打ちだけはホントに堪えます・・・bearing

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へポチっと応援お願いします。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧