« 富山ランチ‐BLUE KITCHEN | トップページ | サスペンス王スティーブンキング!!!「ゴールデンボーイ」 »

目からウロコ!「悪童物語」

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

買ったきっかけ:
久々に会った友人みーが
貸してくれました。

感想:
尊敬を込めて「すごい」の一言。

おすすめポイント:
1986年に世に出たというこの本。
第二次世界大戦末期のハンガリーが舞台。





小説全てが情景描写のみで書かれているのに、主人公の双子が、並の人間とは思えない特殊な?強靭な?異常な?精神状態の持ち主で、その双子達が記録した作文の集合体の形になってます。


人を殺すことも、卵を集めることも、
全く同じ温度で書かれているのが、
逆に生々しくて、一つ一つの章が短く、
すごくテンポよくまとまっているので、

あっという間に読めます。


一つ一つの章が、どれもものすごく
インパクトが強烈なのに、

いっちばん強烈なのが、ラストシーンshock





何でも、三部作らしいので、


続き絶対読むわっ!

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

著者:アゴタ クリストフ

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ応援のクリックをいただけると嬉しいですm(_ _)m

|

« 富山ランチ‐BLUE KITCHEN | トップページ | サスペンス王スティーブンキング!!!「ゴールデンボーイ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230095/34122210

この記事へのトラックバック一覧です: 目からウロコ!「悪童物語」:

« 富山ランチ‐BLUE KITCHEN | トップページ | サスペンス王スティーブンキング!!!「ゴールデンボーイ」 »