« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

カビ布団

日本から戻ってくると、ベッドシーツ取り替え済み。

そう。

・・・これは

・・・アマー(姑)の仕業down

結婚前に張り切って買った

ベッドマットは、強気の10年保証付。

・・・しっかりしてる分、

ものすごおおおおおおくっ、重い・・sweat02

なので、ベッドシーツ交換は、ついつい

おろそかになってしまい勝ちcoldsweats01

ここ最近、月一で日本に戻っていたら、

ワタシ不在中は、自由自在に

出入りできるアマーがやってくれる。

(嬉しいか、腹立たしいか、と言われると・・なかなか苦しいモンがあっけど。)

でも・・・

昨日・・・

久々に自力でシーツ交換しようと、

シーツを外すと、

・・・・・sign02

今まで見たことのない布団が中に。


・・そんでもって、

・・・見たことないから、

新品なのかと思いきや!

・・・(-゛-メ)

かなり長期間使われている形跡。

・・・しかも、

生地の表面は、カビ(?)なのか、

カビを洗濯機で洗濯して

使ってきたカビ染みの痕(?)なのか、

茶色の斑点が一杯!!( ̄ロ ̄lll)

ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっいい!!shocksign04sign04

何このブチブチ?!

・・・きっ、・・・キモイsweat02

うちには既に夏用の薄い掛け布団綿と

冬の厚手の掛け布団綿、既にあるのに・・。

何を思って、こんな年季の入った、

カビ斑点だらけの布団をうちに?



annoyannoy凸(`◇´X)

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ皆さんの応援クリックが励みですm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アリス・イン・ワンダーランド

ええええええええ~~~っannoy

何コレ・・?凸(`Д´メ)


何で敢えてアリスに続編を作ったか、

・・・誰か、おせーてsweat02

せっかく、主役のアリスがとっても可愛いのに。

せっかく、ジョニーディップが熱の入った、

いい演技してるのに。

ストーリーのくだらなさで、全てぶち壊しimpact

たっくさんの事(例えば、アリスが小さい頃から、

アンダーランドのことをワンダーランドだと

思い込んでしまっている事が、アンダーランドの住民にとっては

気になるらしい、とか。

白の女王は別に正義感の強い人でも、

特別美しくも、リーダーシップがあるわけでも

何でもなくて、「つかみどころのない不思議少女」を

イメージしてるのかもしらんけど、実際は

中途半端に変な性格なだけ、で描かれてる事、とか。

冒頭にアリスを襲った猛獣が、

いとも簡単にアリスの従順な乗り物に

なったり、とか。)

それぞれ、何か意味ありげなエピソードを

山ほど散りばめておきながら、

どれにも、突っ込みきれず、

最後まで、中途半端なまま

流れて終わった・・、って感じ。

セリフも、多分、「意味のないことを

アンダーランドでは意味がある」ことに

したい為に、言葉遊びみたいな意味不明の

セリフ回しをいっぱい使って、

不思議でとんちんかんな空気をかもし出そうとして、

結局「笑えないオヤジギャグ」程度の

くだらなさのまま終わってるって感じ・・。

ジョニーの持ち腐れ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ皆様の応援クリックが励みですm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山ランチ-La Natura

めっちゃめちゃ美味しいランチ見つけましたんheart

その名はLa Natura(ラ・ナトゥーラ)sign03

La_natura

TEL:0763-37-1733

住所:富山県砺波市芹谷1039

交通手段:JR城端線砺波駅からバス栴檀野線千光寺バス停徒歩3分

営業時間:11:30~14:00(ラストオーダー)

       18:00~21:00(ラストオーダー)

ランチ営業、日曜営業有

定休日:水曜日

La_natura_2

古民家再生ってヤツですね。すごいオサレ~に生まれ変わった感じshineshine

La_ntura

野菜の前菜盛り合わせ。どれもこれも、すんごい美味しいすっhappy02

La_natura_3

ワシの頼んだヒトモジ(ネギ)とスズキのトマトソース。

La_nautra

ワシ最古の友人ゴーのタケノコと青菜のアンチョビソース。これマジ絶品shine

La_natura_4

ランチドリンク。エルダーフラワーというハーブティー。

すごいスパイシーな香りからは想像つかない甘~い味。

蜂蜜レモンみたいhappy01

パスタランチ(前菜、パン、パスタ、ドリンク)

1700円也。

ちょっとお高いランチやけど、

おススメ!!!!

にほんブログ村 主婦日記ブログへ皆様の応援クリックが励みになっておりますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山ランチ-氷見っ子

朝から富山県氷見市の温泉宿「氷見っ子」spaへ。






「一人ぼっちライフ」が始まってしまった母は、

父のいなくなった寂しさを埋めるみたいに、

一週間のうち、火水木は習い事、

火金は痴呆症のおばあちゃんの施設に

洗濯物を取りに行く。

そして、ワタシの帰国中は

月土日のランチ外出率は100%。

オープン2周年を迎えた、まだまだ新しい「氷見っ子」で朝風呂。

氷見っ子HPはコチラ♪



ええええええ~っと。

お風呂はちょっと銭湯チックな味気ない感じ。

でも、お湯は天然温泉を引いてあるので、

まったりした気持ちいいお湯spa

ココに来て(今回3回目)、いっつも思うのは、

「ホコリ一つないshineshineshine

ということ。

ワタシ、掃除大嫌い人間やし、あまり細かいことに

目が行き届かないタチやけど、

ここの掃除の行き届き方は完璧過ぎて、

さすがのワタシでも目についてしまう。

今日は朝風呂も一番風呂だったので、

特に髪の毛一つ落ちてない状態で

非常に快適。

日帰り休憩用に押えた部屋も、

本当に行き届いた掃除sign03

Photo_3

一部屋一部屋、違うインテリア。

Photo_4

ランチは2階の宴会場で。

Photo_5

前菜はバイ貝、蛍烏賊とモズク酢、わらびの浅漬け、ローストビーフ、

ごま豆腐、カニ酢、ところてん

Photo_6

タケノコシンジョ。

Photo_7

刺身の水分を守る為に、桜型で抜いた大根のフタ。

Photo_9

鮮度抜群な刺身fish

Photo_10

葛アンのかかった茶わん蒸し

Photo_11

氷見牛の蒸し焼き。ちょっと牛肉薄すぎ・・な気が・・。

Photo_12

焼きハチメ。キンキの一種。

Photo_13

天ぷら(エリンギ、わらび、エビ2本)を梅塩で。

Photo_14

主食は、氷見うどん、タケノコご飯、吸い物。

Photo_15

デザート。桜持ちと苺。


オープン当時は、ものすんごい食事で、

5800円ランチも納得の量と味sign03

今回は、正直、ボリュームは満点だけど、

味と質が5800円にはちょっと・・・。

でも、ホントに心配りの行き届いた

快適宿なので、

何とか頑張ってくれっbearingと思います。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ応援クリックお願いしますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古城公園の絵筆塔

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
毎日散歩する近所の古城公園。

昨日久々に足を踏み入れた動物園で、

こんなん発見。

目立ち度5%くらいの密やかな観光名所(?)

Photo_7

その名も絵筆塔

いろんな漫画家たちのイラストが、

高岡市の伝統工芸、高岡銅器で作られています。

・・・そして、・・・何故か、イラストのモチーフは、








・・・・
河童coldsweats01








・・・・どーゆーコンセプトで動物園に河童だったのか・・・。

Photo_8

富山県出身のこの人はもちろん、

Photo_9

焼酎か何かの宣伝で見たことのあるこんな河童や、

Photo_10

心霊漫画家つのだじろうの弟つのだひろ。

Photo_11

・・・一体いつの時代に建てられたのか、この絵筆塔。

手塚治虫氏のものまで。

外人の漫画家(?)も何人かいたので、

「結構貴重なモンでは?!」

と思ったんですけど・・さあ・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜‐高岡古城公園

まだまだ寒い富山県。

桜まだまだ満開heart(尤も、例年は満開4月10日くらい。)

Hanami

見てみーshine

Photo

しだれ桜に八重桜。いろんな桜があるけど~、

小さい頃から一番慣れ親しんでいるソメイヨシノが

やっぱり一番好きhappy02heart04

Photo_2

それは多分、ソメイヨシノの、このはかない淡いピンク色。

Photo_3

そして、おもいっきり満開になった後の、潔く豪快な花吹雪・・。






「日本人でよかった!!crying

できれば、桜咲く頃に毎年帰国したい・・cherryblossom

ブログランキング・にほんブログ村へ皆様の応援クリックを励みにしておりますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手作りな感じ‐高岡古城公園の動物園

花見のついでに、久々に足を踏み入れた動物園。

開園当初から、

ライオンやトラみたいな猛獣系はいないし、

ゾウやキリンのような巨大系もいない。

サル系と鳥系が大半のこじんまり動物園penguin

在籍している動物君たちもこじんまりなら、

園自体もよく見ると、動物たちの説明書きが

ほとんど手書きで、まるで私営動物園のよう・・。

Photo_4

子供の頃、一番興奮したペンギンプール。

餌のアジが泣いているのが何とも可愛いheart01

Photo_5

しかも、誰が手書きしたのか、子供たちのボランティアなのか、

イラスト好きな飼育員なのか、微妙なうまさ。

Photo_6

この凶暴顔のチンパンジーが、富山弁で

「ガラスたたかんといて!」というポスター。

ワタシ的には一番心をわしづかまれた。


そして、30数年前に開園した(?)

と思われるこの動物園。

開園当時同様、(ワシの園児時代は確かモルモット・・・)

ウサギに直接触れるコーナー、とかも

まだ細々やってた!!

やっぱええわ~、古城公園heart

ブログランキング・にほんブログ村へ皆様からの応援クリックが心の励みですm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山ランチ‐Mimpi

近所のカフェでランチcafe

去年オープンしたばかりの素材こだわりというお店。

店名Cafe Mimpi (カフェミンピ)
TEL

0766-21-1535

住所

富山県高岡市中川上町10-14 ソーラービル1F

交通手段

JR氷見線越中中川駅徒歩10分

越中中川駅から534m

営業時間

8:00~19:00

朝食営業、ランチ営業、日曜営業

定休日

金曜日

母のMIMPI(日替わり)ランチrestaurant

Mimpi

玄米ごはん(5分づき)、味噌汁、漬物、サラダ、煮豆、

高野豆腐とガンモのそぼろあん、かぼちゃと小松菜の胡麻和え  980円

ワシのハンバーグランチrestaurant

Mimpi_2

日替わりランチの主菜(高野豆腐の・・)の代わりに

ハンバーグと赤地卵の目玉焼きで1380円。

どれも、ヘルシーで庶民的な味わい。

まあ、量も味もヘルシー志向なせいか、

店内は100%女性でにぎわっていた。


でも、ワタシ的には、

量とカロリーだけじゃなくて、原価も

抑えてあるな~と感じさせられるトコは少し残念・・。

ちなみにデザート系は、量も味もgood

にほんブログ村 主婦日記ブログへ応援クリックいただけると嬉しいですm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山ランチ‐吉宗

今日は一人ランチ。

Photo_13

高岡市ではもう老舗のうどん屋さん。

店名吉宗 (よしむね)
ジャンル

カレーうどんうどん

TEL

0766-24-1767

住所

富山県高岡市宝町7-4

交通手段

万葉線・市民病院前電停から徒歩約5分

市民病院前駅から207m

営業時間

[火~金]
11:00~15:30
17:00~20:30
[土・日・祝]
11:30~20:30

ランチ営業、日曜営業

定休日

月曜日(祝日の翌日は営業)

Photo_14

やっぱりここではカレーうどん。

来てるお客さんの85%は入店して、入り口から席に着くまでの間に

「カレーうどん」。

そして席についてから頼む客も合わせると、

結局97%の人はカレーうどん。

ワシ好みのトロ~リカレーがたっぷり。

下がうどん汁、とかではなくて、

どんぶり一杯、このトロ~リカレーheart

そして、入っている鶏肉がまた

燻製(?)で味わい深い!!!!happy02



カレーも濃厚、鶏はもっと濃厚good

この濃い~鶏肉を食べて

「ああああ~っ!そうやった~!

ここのカレーうどんの鶏肉はこうやったわ~!」

と懐かしさでビビイっときましたわ。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ皆様のクリックに支えられていますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

土筆!!

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ皆様の応援クリックが励みですm(_ _)m

友達の家に遊びに行ったら、

庭に土筆がいっぱい生えてた。

Photo_12

ちっちゃい頃は、家の周りにも結構生えてたけど、

今はほとんどコンクリートで埋め立てられて、

土筆なんて、もう20年以上見たことなかったので、

ちょびっと感動heart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タケノコ三昧♪

この時期、富山県に帰ってくると、

こんな夕食heart

Photo

タケノコご飯。

Photo_2

タケノコの味噌煮

Photo_3

タケノコの揚げだし

顔がブッチブチになりそうな、でも、たまらん春の味覚cherryblossom

ブログランキング・にほんブログ村へ応援のクリックいただけると嬉しいですm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関空3階にあるマッサージ屋さん

香港⇔富山。

ドアtoドアで12時間shock

前回の腰痛から、ちょっと、

この長時間移動に

特別警戒警報発令中。

そんな時、ふとワシの目に入ったもの・・。

関西空港の3Fレストランフロアにある

マッサージ屋さん。

時間がなかったので、ランチを諦めて

藁にもすがる思いで、

15分1750円の腰コースにトライ。

(ちなみにワタシ、普段は中国深圳に渡って最低2時間は

マッサージするタイプ。気分的には

「マッサージ15分で済んだら深圳はいらねぇannoy」って感じ。)

と・こ・ろ・が!

この15分の最初の一分から、

ワシの痛~い筋の真上にググ~っと入ってきて、

15分経って店を出た頃には、気持ち良すぎて

すんごい笑っちゃってるワシo(*^▽^*)o

なんか、体の奥から勝手に笑いがこみ上げてくる感じnote

たかが、15分でsign02

・・天にも昇る気分heart

(多分、ハタから見たら異様なくらいの笑顔sweat02

深圳マッサージでも、なかなかこうはなりません!)


これはもう、次回からずっとココに

世話になるぜっ!!

・・・と思ったのが実は前回。

で。

昨日、戻ってきた時にも、

15分マッサージ。

昨日は、若い男の子だったんです。

力は十~分なんですが、

「やんわりじわ~っと」入ってこにゃい・・┐( ̄ヘ ̄)┌

力のまんま直線で入ってくる感じ。

しかも、押されているのは、

ワタシの「痛~い筋」から一本外側。

ただ痛いだけimpact(-゛-メ)

前回の担当してくれた女の子は

中堅な感じの年頃で、「みんな上手なんで」と

言ってたけど、

・・・やっぱり、残念賞もあるんやわ・・down



でも、前回の腰痛以降、長時間座ってると、

マジで腰がジワジワ来るし・・。

折り返し地点でのリセット活動は、

私にとって今や必須。

期待を込めて、また試してみまっす。

にほんブログ村 海外生活ブログへ皆様の応援クリックお待ちしております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サスペンス王スティーブンキング!!!「ゴールデンボーイ」

Photo

著者 スティーブン・キング
訳者 朝倉 久志
出版社 新潮文庫
初版 63年
作品発表年 1982年

-------------------------------------

中身は二編の中編小説。

一つは超~~~~~~爽やかshineshine

一つは超~~~~~~おぞましいっshocksweat02sweat02sweat02

一つ目は「刑務所のリタヘイワース」。

これは映画にもなった「ショーシャンクの空に」の原作。

レッドという囚人が、ラフな語り口調で

ストーリーをしゃべって聞かせてくれる形式なので、

軽~快~に読み進められる感じ。

主人公のアンディの理路整然とした性格と行動が

爽やかでスッキリした読後感をかもし出してる系。

もう一つは、この本の題名になっている

「ゴールデンボーイ」。

これは・・・めっちゃ恐怖・・!shock

主人公同様、ワシまで夢に見たっちゅうねんsign04annoy

この本を貸してくれた友人みーによると、

途中の「猫をオーブンレンジで焼き殺す」シーンは、

当時真似をする人が出て社会問題になったらしい。

ほんとに、一体どうやったら、こんなシーンを

思いつけるのか、という戦慄のシーン満載。

+自分が疑似体験できそうなくらい詳細な

心理描写は、さすが!

・・・さすがはスティーブン・キング!!

「ゴールデンボーイ」の読後感は「超後味悪い」

って感じですが、ほんっとにすごいのでお勧め。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ 励ましクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目からウロコ!「悪童物語」

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

買ったきっかけ:
久々に会った友人みーが
貸してくれました。

感想:
尊敬を込めて「すごい」の一言。

おすすめポイント:
1986年に世に出たというこの本。
第二次世界大戦末期のハンガリーが舞台。





小説全てが情景描写のみで書かれているのに、主人公の双子が、並の人間とは思えない特殊な?強靭な?異常な?精神状態の持ち主で、その双子達が記録した作文の集合体の形になってます。


人を殺すことも、卵を集めることも、
全く同じ温度で書かれているのが、
逆に生々しくて、一つ一つの章が短く、
すごくテンポよくまとまっているので、

あっという間に読めます。


一つ一つの章が、どれもものすごく
インパクトが強烈なのに、

いっちばん強烈なのが、ラストシーンshock





何でも、三部作らしいので、


続き絶対読むわっ!

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

著者:アゴタ クリストフ

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ応援のクリックをいただけると嬉しいですm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »