« 古城公園の絵筆塔 | トップページ | 富山ランチ-La Natura »

富山ランチ-氷見っ子

朝から富山県氷見市の温泉宿「氷見っ子」spaへ。






「一人ぼっちライフ」が始まってしまった母は、

父のいなくなった寂しさを埋めるみたいに、

一週間のうち、火水木は習い事、

火金は痴呆症のおばあちゃんの施設に

洗濯物を取りに行く。

そして、ワタシの帰国中は

月土日のランチ外出率は100%。

オープン2周年を迎えた、まだまだ新しい「氷見っ子」で朝風呂。

氷見っ子HPはコチラ♪



ええええええ~っと。

お風呂はちょっと銭湯チックな味気ない感じ。

でも、お湯は天然温泉を引いてあるので、

まったりした気持ちいいお湯spa

ココに来て(今回3回目)、いっつも思うのは、

「ホコリ一つないshineshineshine

ということ。

ワタシ、掃除大嫌い人間やし、あまり細かいことに

目が行き届かないタチやけど、

ここの掃除の行き届き方は完璧過ぎて、

さすがのワタシでも目についてしまう。

今日は朝風呂も一番風呂だったので、

特に髪の毛一つ落ちてない状態で

非常に快適。

日帰り休憩用に押えた部屋も、

本当に行き届いた掃除sign03

Photo_3

一部屋一部屋、違うインテリア。

Photo_4

ランチは2階の宴会場で。

Photo_5

前菜はバイ貝、蛍烏賊とモズク酢、わらびの浅漬け、ローストビーフ、

ごま豆腐、カニ酢、ところてん

Photo_6

タケノコシンジョ。

Photo_7

刺身の水分を守る為に、桜型で抜いた大根のフタ。

Photo_9

鮮度抜群な刺身fish

Photo_10

葛アンのかかった茶わん蒸し

Photo_11

氷見牛の蒸し焼き。ちょっと牛肉薄すぎ・・な気が・・。

Photo_12

焼きハチメ。キンキの一種。

Photo_13

天ぷら(エリンギ、わらび、エビ2本)を梅塩で。

Photo_14

主食は、氷見うどん、タケノコご飯、吸い物。

Photo_15

デザート。桜持ちと苺。


オープン当時は、ものすんごい食事で、

5800円ランチも納得の量と味sign03

今回は、正直、ボリュームは満点だけど、

味と質が5800円にはちょっと・・・。

でも、ホントに心配りの行き届いた

快適宿なので、

何とか頑張ってくれっbearingと思います。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ応援クリックお願いしますm(_ _)m

|

« 古城公園の絵筆塔 | トップページ | 富山ランチ-La Natura »

富山県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230095/34301011

この記事へのトラックバック一覧です: 富山ランチ-氷見っ子:

« 古城公園の絵筆塔 | トップページ | 富山ランチ-La Natura »