« こんないい男達。錦衣衛 | トップページ | アクションヒーローの苦労 »

ホントの錦衣衛とは。

中国には、身の毛もよだつ

残酷な処刑方法がたくさんある。

その残酷処刑マニアだったのが、

明時代の朱元璋(洪武帝)。

その皇帝の下で、影の粛清部隊として

動いていた錦衣衛。

朱元璋は、成り上がりの皇帝で、

乞食や僧侶だった経歴を持つため、

「俺がアイツと一緒に乞食をやってた頃は、

犬の足を分け合って食べたぜ」

と言う者が居れば、立ちどころに噂を

流した本人、と!それを聞いた可能性のある、

その村全員を殺戮し、

「アイツが僧侶だった時、冬になると、

トイレに行くのが面倒だからと、こっそり

俺(高位の先輩僧侶)の部屋に忍び込んで、

俺の尿壺に小便していきやがった。」

と笑う者あれば、その寺に褒美と言って、

財宝を与えておいて、盗賊を装って、

寺の僧侶全員を殺し、財宝を回収する、という

手の込んだ & 徹底的な粛清を行っていた

秘密部隊。

その名のごとく、美しい衣装を身にまとい、

情け容赦なく殺しまくる錦衣衛。

でも、洪武帝は最終的には

誰も信じられず、晩年、

自分の家来達も次々に粛清。

逆らったものはもちろん、

忠実に従ったものも、錦衣衛も、

ほとんど皆殺し状態。

そういう背景を知った上で映画を見ると、

ちょっと切なさが倍増・・・think

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へポチっと応援お願いします。

|

« こんないい男達。錦衣衛 | トップページ | アクションヒーローの苦労 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

香港」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230095/33433692

この記事へのトラックバック一覧です: ホントの錦衣衛とは。:

« こんないい男達。錦衣衛 | トップページ | アクションヒーローの苦労 »