« 尿取りパッド使ってみた | トップページ | 堀田善衛展‐スタジオジブリが描く乱世 »

気がきく人 気がきかない人

気がきく人気がきかない人―もっと“いい仕事”ができる「20の特効薬」!

買ったきっかけ:
父が遺していった書籍の一冊。

仕事関係の本が大半やけど、

せっかくあるので、読めそうな本は、

読んでみようと思う。

感想:
最初は、書かれている事が「重箱の隅をつつくような」

&完全な上から目線な展開に

ちょっと辟易しましたが、

読み進めていくうちに、著者紹介に書かれている通り、

この著者の山形氏が、情熱あふれる幹部指導で

「火の玉講師」と呼ばれて多くのファンを

持っていたというのが納得。



用いられる例がとても的確で興味深く、
氏の熱い思いに触れるにつれて、それが
「上から目線」じゃなくて、
ここままじゃいけないと赤の他人の事を
自分の事のように危機感を持って考える
「親父的視点」なんだと思った。

おすすめポイント:
読めば「気がきく人」になれる、

というわけではないでしょうが、

学ぶ点は多いと思う。

気がきく人気がきかない人―もっと“いい仕事”ができる「20の特効薬」!

著者:山形 琢也

気がきく人気がきかない人―もっと“いい仕事”ができる「20の特効薬」!

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
ブログランキング 読書

|

« 尿取りパッド使ってみた | トップページ | 堀田善衛展‐スタジオジブリが描く乱世 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230095/33129038

この記事へのトラックバック一覧です: 気がきく人 気がきかない人:

« 尿取りパッド使ってみた | トップページ | 堀田善衛展‐スタジオジブリが描く乱世 »