« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

ワタシ>チチ・・・

父は癌になってから、3回手術している。

恐ろしい癌細胞との過酷な戦い。

病気前から比べると、30キロ以上痩せた。

今じゃ、ワタシの体重が父を回っている。

(・・・・・尤も、ワタシが重すぎる、という噂も

あるけど

今日は、父の背中をずっとさすってました。

昔は、かなり肉厚だった背中も

今では骨と皮で、寝てると背中が痛いと言います。

・・・・・分けてあげられるものなら、

分けてあげたひっ!!!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

20キロほどっ!!!

父はご飯を食べるのにも、非常な体力を

使って、ゆっくり、必死に食べている。

食べなければ体力がつかないと思って、

努力しながら食べられないのに

一生懸命食べている。。

こんな時くらい、両親の力になりたいすweep

こないだからの大量出血のせい(?)で

頭と心臓が痛いけど、

何とかがむばらねばっ(≧ヘ≦)

にほんブログ村 主婦日記ブログへこのポチっが、意外とおっきな心の支え。応援お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モノホンのシュール!!注文の多い料理店

・・・・さすがは賢治happy02

注文の多い料理店 注文の多い料理店

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

やっと読みました。

・・・っていうか、なかなか読めなかったのは

純文学に対する敷居の高さっていうか、

ワタシの心の壁。

読み始めたらムッチャはまって、

あっ!と言う間でしたわ。

岩手の方言、

・・・っていうことも、もちろんあるんでしょうが、

この人のこの日本語・・ただしいのか?!

と思うような筆運びなのに、そのたどたどしさが、

もともとシュールな賢治ワールドに

また一段と拍車をかける感じで。

すごい、の一言。

・・・・圧倒されました( ̄Д ̄;;

不思議な文章の羅列でしたが、

全部読み終わってみると、

何と言うか、厳しい自然への愛、

みたいなモンを感じました。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大損切りマイナス2356pps

父や自分の入院でバタバタしてる間に

162.15円ロングの分、大損切り

il||li _| ̄|○ il||li

潮時かな・・。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円への皆さんさよ~なら~。

にほんブログ村 海外生活ブログへの皆さんよろしゅうm(_ _)m

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログへ

温かい応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

医者でも目先だけ?!

昨日は、こないだの入院で見つかった、

鼻の中の腫瘍が良性か、悪性か、という

検査結果を聞きに行きますた。

旦那もアマー(姑)も一緒に来てくれました。

・・・大丈夫でした(≧m≦)

3ヵ月後に再検診、というのと、

あの土石流のような鼻血の原因が不明と

いうまま終わっているのが、

医者として、あれだけの激しい出血の

原因をつきとめたいと思わないものなのか、

微妙に疑問は残るけど・・。

でも、日本に電話をして、父の容態を

聞いたらば、術後、摂食すると、

これまた土石流のようにリバースしていたのが、

ようやく人工肛門をつけた腸が動き出して、

五分粥が食べられるようになったと。

でも、インターネットとかで調べると、

人工肛門をつけてから、食事が出るのは、

どこも、3~5日後になっている。

父の入院している病院では、

手術直後から粥が出たらしい。

・・・それって医療ミスじゃないの?

(ちなみにコレは香港じゃなくて日本です。)

まして、人工肛門をつける手術なんて

初めてじゃないだろうに、知らないの?



今まで人の命を救う仕事と尊敬していた

医者や看護婦も、何だか関われば関わるほど

その尊敬の念がかすんでいきます。

単に「言われたことしかしない」、

そして、その「言われたこと」の内容や理由を

理解しないまま、字面だけ、目先だけ、

作業だけやってのける、

「頭を使って仕事しない人」が

増えているのかもしれない。

(言うまでもなく、誠心誠意やっていらっしゃる医者も

いるのでしょうけど。)

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

狂っているのは患者か病院か

こうして、完全な医療ミスで、

医者に「こんな症状は今まで見たことがないthink

(・・・って、おまえ(医者)のせいだよっannoyと心で雄たけびつつ)

と言わせしめ、即入院となったワタシ。

さっきの特大血ゲロ玉攻撃に

すっかり肝をつぶした若造の救急担当の医者野郎は、

専門の耳鼻科医師を呼び戻したらしい。

その医者が来る間、ワタシは奥の部屋に

車椅子に乗せられて集中治療。

・・・・・・ところがっ!

それがまた、ホントに人材&設備不足の

成せる技なのか政府病院よ・・・pout

ベッドに横になったからって、

バルーン器具を喉まで突っ込まれて、

呼吸困難に陥っているワタシの横で、

青二才の医者と看護婦たちは、何かの器具を

探して、それぞれがバタバタと動き回っているだけで、

誰一人、患者のワタシのこと、

見ちゃいねえannoyannoyannoy

ワタシは依然として医者の処置ミスで、

「呼吸をしようと思えばリバース」、という

最悪の状況の中、その患者の動向を

誰一人として観察しちゃいない。

まして、どうして患者が急にそんな

発作的な悪化を起こしたのかを

分析して考えてみようとするヤツも

誰もいない。

「死ぬよりはゲロ」と思って、

ゲロを口いっぱいに溜めながら、

必死で酸素を得ようとしているワタシを

尻目に、ただ、バタバタと走り回るスタッフ達。

(日本じゃ、ドラマでもよく「先生、患者の容態が!」と

現場では必ず、患者の動向を観察する人がいるでしょ~。

それが、・・・・ないbomb

ワタシが、ベッドの淵をガンガン叩く時だけ、

「ホントに厄介な患者だわ・・・。」と言わんばかりの

態度でゲロを吸引してくれる看護婦。

でも、ゲロを吸引した直後に、ワタシは酸素を得ようと

呼吸するわけだから、一ゲロ去ってまた一ゲロ。

言うまでもなく、ひっきりなし。

それでも、ベッドの端をガンガン叩かないと

ワタシに興味を示さない看護婦。

ワタシはずっとベッドの淵を叩き続けました。

どれくらい時間が経ったのか、

耳鼻科専門医が病院に戻ってきました。

奥の処置室に入ってきて、

青二才の医者から状況説明を受けながら

チラっとワタシを一瞥して、

「はい、アーン」と口を開けさせる。

(「助けて!!!」)涙目で訴える私に、

さすが専門医のセンセ。

一目見るなり、

「おまえなあ・・、ここまで入れちゃうと

そりゃ、病人は苦しいよ。」と一言。shineshine

青二才野郎(とうとう「医者」のワードの方がなくなっちゃった。てへhappy02

は、口の中で

「深く刺しすぎていましたか。」とつぶやくと

それでヤツは無罪放免凸(`、´X)

専門医は、「はい、この風船抜きますよ~」と

すぐにそれを外してくれた。

呼吸が急に楽になったワタシは、青二才を

なぐり倒して罵倒したかったけども、

「生き延びたー」という安心と疲れで

もうぐったり・・・。

「今日はもう土曜日で、時間も遅いから

このまま観察入院ということで、続きは

月曜にしましょう。」

と言われて、鼻にはバルーンの代わりに10cmくらいの

綿の塊を差し込まれて、一般病棟へ。

政府病院の病室は、「病室」とは名ばかりで

すごいだだっ広い空間をカーテンで

10ベッドずつ区切られていた。

となりのグループでは、

お婆ちゃんが、不調を訴えるかのように、

ずっと足でベッドを蹴り続けている。

常習犯なのか、看護婦は覗きに来るものの

「静かにしなさいっ!!」と怒鳴るだけで

相手にしない。

ワタシはそのお婆ちゃんが常習犯だから、

そういう不当な扱いを受けるのか、と思っていたけど、

その後の2日間の入院生活で、

ワタシは度々そういう現場に遭遇しました。

病室に移された後、ワタシは、出血多量だった為に、

「歩いちゃダメよ」と言われますた。

ちょっと、考えてみてください。

誰が「他人に下の世話をして欲しいheart」なんて

思います?

実際に世話をする方は、確かに大変ですが、

世話される方だって、できれば自分でトイレに

行きたいと思ってますよannoy

病室に連れて行かれてから、血が少なくなったせいか、

すごく寒くて寒くて、ワタシはトイレに行きたくなりました。

それで、看護婦を呼んで、「すみません、おしっこしたいんですけど。」

と言うと、看護婦は、鼻息も荒く、いとも忌々しそうな目で

ワタシを見て、「フン」といって、用を足す容器をワタシの

お尻の下にあてがって、そのまま行ってしまいました。

(香港は尿瓶ではなくて、ちょっと30cm四方、5cmの高さくらいの

ちょっと深めのトレイみたいなものを使います。

それを患者は寝た状態で、腰を上に浮かして、

尻の下にあてがって、上を向いた状態で用を足す、

という何とも苦しい状態なのです。ワタシは去年の盲腸で

経験済みでしたけど。)

夜中で機嫌が悪かったのか、

カーテンさえ引いてもらえませんでした

夜中の4時に、他の患者さんが目の前で寝ている中、

公開放尿・・bearing

何が悲しくて、30半ばの女が、暗闇に一人

腰を浮かしながら上向いておしっこしなくちゃ

いけないのか。しかも公開でbomb

さらに、おしっこした後も、誰もそれを

回収しに来ません。

結局、ワタシはその苦しい体勢から、

自力で、それを外して、目の前の

ご飯を食べたりするのに使うテーブルの上に

それを置きました。

翌日、新しく入ってきた隣のベッドの人も、

さすがに昼間だからカーテンは引いてもらって

いましたが、「トイレ」といっているのに、

「あんたね!看護婦さん(と自分で言ってたcoldsweats02)も

あんたの他に9ケースも抱えて大変なのよ。

少し看護婦さんに、時間を与えてあげましょうね~。」

とか言われるんですよ。

政府病院は人手と設備不足。

それは事実。

でも、看護婦がそれを口癖のように、

患者に対して頻発して、患者に不自由な思いを

させる。

それって、間違いでは?!

ワタシが翌日鼻血を出した時もそうです。

鼻血を出したと聞いて、婦長が寄ってきたかと

思うと、まるでボケて耳が遠い老人にでも

言うみたいに、ゆっくりと、無駄に大声で、

ワタシの言い分(次に鼻血が出たら精密検査と

言われていたので)も聞かずに、

「これとこの、二本指で、

私が今やってるように、

鼻の、ココを、強く、押さえなさい!!」

と怒鳴って、有無を言わさず立ち去っていきました。

そんな事、アンタにいわれなきゃ、できないとでも!?

まるで、患者がみんな頭の狂った人間

であるかのような不当な扱いです。

治療に苦痛はつきもの。我慢しない患者は厄介者。

そういう論理がまかり通っています。

その後、待ちに待った月曜日、

あれだけの血液を爆発するように出したのだから、

CTされるか、MRIされるか、

と綿密にチェックしてもらえるものだと思っていました。

それなのに、「設備が不足しているので」と言って、

鼻の中を内視鏡検査しただけ。

(これってどうよ、どうなのよpout

しかし。

・・・・・その

・・・内視鏡検査で。

「あれ?」

という若い女性医師の声。

「鼻に腫瘍がある。」

と言うのです。

「日本人には少ないけど、中国人にはとても多い

鼻腔癌かもしれないから、組織を切り取りますね。」

と、麻酔を二分間、鼻に詰め込んだかと思うと、

ワタシの鼻の中をポチっと切ったのです。

麻酔が効いているので、

すごく痛くはないんですが、自分の肉が

「ポチっ」と切り離される感触は

リアルにありました。

なので、切られた瞬間に、

ワタシは貧血を起こして、

椅子に座っていたのに、

更に倒れこんでしまいますたわ。

恐るべし、政府病院。

それで、一旦退院となって、その治療代。

・・・3500円。(入院含む。)

さすが!

納得の安さです。

(請求書を見ると、全体では約10万3500円。

そのうち10万円は「政府援助金」となってました。)

でも、・・これじゃ、安くて済んだ、と喜べません。

まるで、病院と言う名の、公開処刑場じゃないすか。

一体、この政府病院で、何人の患者が、長い待ち時間の

間に死に、何人の患者が、青二才の救急医師らの

間違った処置で死んでいるかを考えると、空恐ろしいわ・・・。

そして、その組織検査の結果は、明日25日に出ますweep

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ励ましのポチをお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鼻からスイカ

ヒゲちゃまに付き添われながら診察室へ。

救急の担当医が、目鼻口から血を流しているワタシを見て、

途端に顔を曇らせました。

そして、先手必勝とでも思ったのか、

おもむろにΣ( ゜Д゜)

取り出した・・・・バルーン。

それを、「ちょっと痛いですけど」と

言い終わらないうちに挿入thunderthunder

鼻の中で、どんどん膨らんでいく黒くて硬いバルーン。

「あぁっ!・・・裂けちゃうっ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。」

(よく、出産の痛みを「鼻からスイカ」に例えますが、

いや。ワタシの今のこの状態。

これぞ、まさしく、「鼻からスイカ」状態・・と冷静に

分析してしまいました。)

耐え難い苦痛に、体をよじりましたが、

それでも痛いだけで、ワタシは耐えておりました。

それなのに、若造の医者の野郎、

何を血迷いやがったのか、そのバルーンを

さらに奥に突っ込んできたんすわannoyannoyannoy

バルーン器具の先端が、ワタシの喉まで

押し下げられて、

いっ、息っ、できねえっ!!!!!!shock

ところが、若造の医者野郎は、

ワタシが痛みを我慢できない、しょうもない患者と

思い込んで、「冷静になりなさいannoy」とマジ切れpunchpunchpunch

こっちの方がマジ切れじゃい。

お前、ワシを殺す気か!?

一体、お前、こんな未熟な処置で

これまで何千人の患者を殺したんじゃ、オラぁっ!

・・・と心の中で激しく医者を罵倒するものの、

j気管を完全にふさがれて、しゃべることも、

息することもママなりません。

何とか、ヒゲちゃまに「息ができない」と伝えようと、

身振り手振りするのですが、

まさか、医者の処置のせいで、

そんなことになっているとは夢にも

思わない心優しいヒゲちゃまは、

ワタシの苦痛を和らげようと、ワタシの

背中をさすったりしてくれています(≧ヘ≦)

必死に呼吸をしようと上を向いて、

隙間を作って酸素を得ようとするワタシですが、

喉に指突っ込まれてるような状態すよ。

当然のごとく、

・・・・りばーす。bomb

しかも、こんな激しい出血の最中で、

血も半分固まっていますから、

ものすごくおっきな、血ゲロ玉を噴出。

何と!・・・その瞬間!

ワタシの周りを囲んでいた

医者と看護婦が、

・・・クモの子を散らすように、

ババっとワタシから距離を置いたっ!!!

ワタシから離れず、出血を受ける袋を正面から

持ち続けたダーリンだけが、

「アイヤ、アイヤ(この焦り方が中国人)」

と言いながら一層近くに来てくれましたcrying

・・・・・なんっちゅう医者達やannoyannoyannoy

そして、医者は

「こんな症状は初めて見た!!!」

と抜かしやがる始末です。

ワタシは鼻血とゲロと息苦しさで、息も絶え絶えに

なりながら、医者の処置ミスのせいでこんなに

苦しんでいるのをどうにか伝えようとしているのに、

医者も旦那も、単にワタシが少々の痛みも我慢しないで

大騒ぎして、何故か突発的に悪化していると

思い込んでいることに、

腹が立って、むなしくて、深く絶望して、

ゲロを吐きながら、声を出して大泣きしました。

完全な医療ミスなのに、

そして、政府病院はロクなモンじゃないと

わかっていたのに、(まさか、ここまで

最悪とは思ってもみませんでしたが)

このままワタシが死んでも、私の死の真相は

明かされることなく、

原因不明の大量出血でシボウ、

ってこと。・・・・犬死や。

死んでたまるか。

・・そう思いました。

(ちょっと長くなりましたので、まどろっこしいですが、

またまた分けます、すんまそね。)

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へポチっと応援お願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

恐怖の政府病院へ

ダム放水のような鼻血に見舞われて

行ったのは、近所にあるワーイーシー病院。

政府の公立病院です。

香港には、政府が設立した政府病院と

キリスト教や、有名なお金持ちの寄付で

設立した私立の病院があります。

大体、日本の病院の衛生状況や診察環境なんかは、

香港の私立病院に匹敵します。

でも、私立は診察料が化け物のように、頭狂ったように、

高いです。・・・・・・・・・・・・・( ̄Д ̄;;

たとえば、ワタシ。

去年の4月に急性盲腸炎と腹膜炎を併発させて、

私立病院に駆け込み入院しました。

手術含めて、入院期間はたった二日間!

その入院の短さにもびっくりでしたが、

料金の高さには、度肝を抜かれました。

なっ、70万円っ!!( ̄Д ̄;;

普通にそう言われてもそんな持ち合わせ、

ない人がほとんどやろ凸(`Д´メ)

その時は、ヒゲちゃまがカードで払ってくれますたけど、

そのトラウマが頭をよぎったのか、

今回は「ワーイーシーに行こう。」という意見を

かたくなに押し通したわけですわ。

仕方なく、世にも恐ろしい政府病院に逝ってきました。

政府病院は、公立なので、私立病院の料金と

比べると、ゼロ二つ分安いです。

その代わり、人材と設備が圧倒的に不足していて、

衛生環境も日本人的には胃液逆流モンです。

人材不足なので、まず、待たされます。

・・・・・・すんごい、待たされます。

(前に膀胱炎で政府病院に逝った時は、

深夜11時半に行って、診てもらったのが

朝5時すわ。それは、緊急の度合いによって

病院で判断されます。超緊急(即)、緊急(30分以内)、

次緊急(2-3時間)、非緊急(4-5時間)です。

体温や見た目で判断されるので、

我慢強い人やポーカーフェイスの人は

大損こきます。)

今回は、ラッキー(?)なことに、

二番目に急ぎの「緊急」でした。

ま、目、鼻、口から血を流しているんだから、

さもありなん、といったトコロでしょうかね・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして、ワタシも入院へ。

(@Д@;

そして、けけ父がそんな事になる直前、
それは香港に戻る前日の朝のこと。
起きた。
・・・・・瞬間に、
鼻血がドバアアアアアアアアアアアアアアアアア~Σ(゚д゚lll)
勢いが激しすぎて、鼻を押さえたら、
そのまま目から出血。
口からも。耳にまで。
そして、それだけじゃ足りずに、

なんと、目の間の皮膚からも、

血がにじみ出ました(@Д@;

暫く鼻血を流し続け、
鼻からレバーみたいなフヨフヨした
血の塊を3,4個「ブホっ」と出すと、

・・・・・・・・沈静化。

そして、即入院へ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深く沈む

コネタマ参加中: 介護について、話をしたことありますか?

ごぶさたです。

日本に帰省して、香港に戻ってきた、

この一週間の間に、いろんな事件が起きますたdown

ちょっと、マジで暗いニュースばかりす。

それはまた別途書いてアップしますわ。

さすがのワタシも、人生で最大の凹期に

どっぷり浸かりますた。

昨日はけけ父の手術でした。

胃癌→腹膜播種→腸閉塞になりかけ、

という状況で、人工肛門をつける手術。

でも、大腸にはつけられませんでした。

医者曰く、

「腹に腹水が500mlも貯まっていて、

そこが全部癌細胞でびっちりになっていて、

癒着を起こしている大腸を引き剥がすこと

さえ、できなかった。」と。

それで小腸に人工肛門をつけられてきました。

小腸だと、まだ便が形成されきらず、

水みたいな状態で出てくることになり、

管理も難しく、皮膚もただれたりし易いとの事。

結論的には、

「もう手の施しようがないので、

好きなようにさせてあげてください。」と。

医者!判断おっせ~よannoyannoyannoy

抗癌剤しなけりゃ、余命二ヶ月です、と

選択の余地もない、こっちに、

半年以上もあんな抗癌剤を続けて、

癌細胞びっちし、って何だよannoyannoy

父ちゃん、抗癌剤のせいで、

髪も抜けて、やせ衰えて、

おじいちゃんみたいになっちゃったじゃねぇかよ!

そして今は、ものを食べるのにも、

手をふるふる震わせて、

やっとやっと食べてる。

それでも、この手術まで、父は

仕事を続けていた。

会社の仕事と、自分の作った会社の

仕事を両方。健康な人以上に

忙しく頑張っていた。

もう仕事を続けることも難しいでしょう。

そして、今までは二階で寝てたのも、

一階になるでしょう。

介護というか、それを通り越して、

死ぬ間際に許可された外泊、

みたいな生活・・。

そして、その医者の説明をたった一人で

聞かなくちゃいけなかった母の

絶望と悲しみを思うと、超切なくweep

ワタシの気持ちもちょっと混乱・・

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へちょっとやりきれないんすcrying
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高岡古城公園。ネス湖のネッシーなら・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ

近所の高岡古城公園。

野生の王国ワンダーランドでしたわcoldsweats01

富山って、何にもなくて、開発下手で、観光スポットに

なりそうなトコロも中途半端だし、

わが故郷ながら、毎回の帰国の度に

感じる廃れ具合は、ホントに寂しいっっ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

こんなに空気も景色もキレイなのにっsign03

こんなに水も食べ物も美味しいのにっsign03

ワタシも、紹介できそうな、高岡の見どころを

見つけられずに、ちょっと半分、

諦めかけていました。

でも!

この古城公園Σ( ̄ロ ̄lll)

・・・・・・お濠の主が居たんすわ!

ワタシの家から歩いて5分くらいの近所で、

もう小さい頃から庭みたいなモンですが、

今日改めて行くと、面白かったhappy01

小さい頃から、公園のお濠には鯉や白鳥や鴨や何かが

いっぱいおりました。

すごい大きなお濠なので、

小さい頃は、絶対このお濠に「主」みたいな

おっきな魚が住んでいる、

と恐れていました。

・・・・それを

・・・・・今日、

見たんすわね~!!w(゚o゚)w

お濠の生き物に餌をやっておりましたワタシタチ。

いろんな意味で自由奔放で、

餌を食べたい放題の鯉や、カメや、クモや、鳩、カラス。

そこに居る生き物すべてが、巨大サイズ( Д) ゚ ゚

Koi1Koi2 Kame

Kumo

いろんな生き物が、ワタシタチの食パン目当てに

群がってくるのを楽しんでいた、

その時!!!

鯉たちの後ろ3mくらいのトコロの水が

ちょっとブワっと盛り上がったかと思うと、

イルカが海から時々飛び上がるみたいに、

鯉?  

ブラックバス?

黒い魚が少し薄い灰色の腹を

こっちに見せて、すぐまた水の中に

もぐっていきますたΣ( ̄ロ ̄lll)

「見た?!・・・今の見た?!」

旦那を振り返ってみると、

旦那もちゃんと見たらしく、

「見た!・・・けど、写真に撮るなら、

今の魚より、今のうろたえている

お前の姿だな。( ̄ー ̄)ニヤリ」

とにかく、ちらっと飛び上がったあの大きさは、

まあ、ワタシが小さい頃イメージしていた、

10mの巨大魚したら、まだまだ、

現実的な感じの大きさでしたが、

1m50cmくらいはあったと

思います。

そして、鯉たちがパンに群がっているのを

尻目に、お濠の真ん中を悠々ジャンプすわheart

古城公園の新しいアイドルや。

古城公園のコッシーや。

9月12,13日は、高岡開町400周年記念の

祭りもあるみたいし、コッシ―探しに

高岡へ是非どうぞhappy02

写真縦にできなくてごめんなさい・・Kabuto Kabutonaka

にほんブログ村 主婦日記ブログへぽちっと応援クリックお願いします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筆舌に尽くせませんわ!!!!「ポプラの秋」

にほんブログ村 本ブログへ

・・・・・さっすが

もう。どうして。

この人は。

こんなにウマいんでしょう!?shineshine

 ポプラの秋 ポプラの秋
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

コレ!!!!

好きだあああああああああああ~っ!heart

ワタシ、最近読んだ本の中で、

「西の魔女が死んだ」

西の魔女が死んだ 西の魔女が死んだ

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

の、梨木香歩さん。

そして、この「ポプラの秋」そして、

「西魔女」で比較紹介した「夏の庭」の作者でもある

湯本香樹実さん。

この二人の文章の自然さに

釘付け!!!すわ。

たとえば、最近読んで一番圧巻だった

ストーリー「うつくしい子ども」ですねぇ、

それとか、若干19歳にしてドエライ賞を

取られた「蹴りたい背中」ですねぇ、

描写とかとても細かい、と思うんですよ。

で・も!

読んでいると、文章の中に

「取って付けたような」不自然な、不具合な

描写があるように感じたりするんです。

何か、「わっとらしいなannoy」と、不快に

感じる一文とかが混ざっていて、

文章がす~っと読み流せないことが

あるんすわ。

それが、これは全くない。

一つ一つのエピソードも、表現も、

最高級品shineshine、と思います。

特別、圧巻なストーリーでも、

どんでん返しでもないんですが、

・・・・・・・・いいすわ~。

しみじみ読めます。

少し短めだし、このという季節に

読むのに、まさにぴったりsign03の本だと思います。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へポチっと応援クリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさに今よ。

コネタマ参加中: 介護について、話をしたことありますか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

昨日は、ワタシの両親とワタシ達夫婦4人で

福井県の東尋坊にドライブ。

Rimg0091久々に高速道路を運転するのに、緊張気味のハハ。

昔の古傷で長時間座っていると足がシビレてまうダー。

moon3のモノ二日目、子宮筋腫3つで腹が猛烈に痛いワタシ。

そんなワタシタチが、チチの「東尋坊へ行くぞ。」の一声で、

一致団結sign05

ワタシのチチは、私が生まれる前から単身赴任で

ずっと外に出稼ぎしてたから、今末期の癌で、

家族と共有した時間、というのを、

いっぱい作りたいと思っているのかも

しれない。

チチのおなかも最高潮に痛い感じで、

そんな、一番小旅行どころぢゃ

ないチチに、「行くぞ」と言われたらねぇ・・・。

でも、癌というのは、癌だけじゃ終わらないモンで、

当然、本人が一番苦痛なんだけど、

見てる周りも、居たたまれない気持ちに

なったり、「食べるのがそんなに辛いんなら、

無理して食べようとするなよannoy」と

イラついてしまったり、

そんなことを思う自分に腹が立ったり、

反省したり。

チチが癌になってから、二年。

一昨年発見された胃癌は、切除して

治ったものの、一年で再発。

今度は腹膜に転移して、切除できない、

ということで、今は抗癌剤を使っての

治療だけど。

これをやってると、癌が悪いのか、

抗癌剤が悪いのか、

本当にマヒしてくるんすわ。

癌で痩せたんじゃなくて、

抗癌剤で痩せた、髪が抜けた、

食欲が落ちた、腹が痛い。

でも、何もしなければ、

「余命二か月です。」

・・・って言われたら、

何もしないわけにはいかないやんannoy

そんでもって、多分、その薬の副作用で、

チチは、前にも増して腹が痛いbearing

最近はトイレも危うい感じなのだ。

何かがチチの腸を圧迫して、

腸を細くしている。

だから、便意を催して

トイレに行っても出ない。

それが、あるレベルに達すると、

もう間に合わない、という状態。

まあ、ホースの先を故意に

踏んでおけば、水がせき止められて、

そこがいっぱいになると

猛烈な爆発力で以て、

押し上げてくる、みたいな

状態が起こっていると思われ。

もし、トイレも自分の意思で

コントロールできなくなれば、

介護生活、という状態に

突然陥ることになる。

癌でも、仕事は続けてきたチチ。

そういう今日も出勤。

明日なんて、一泊で新潟出張に行く。

それが、突然、

会社も辞めて、家で、

しかも、介護生活の可能性という、

飛び級、みたいな状態・・・。

でも。

今思うのは、介護でも何でもいいから

少しでも長生きしてほしい、と思う。

今年65歳だから、せめてもう少し、と思う。

ワタシももう少し、自由に

日本にいられる時間を増やしたくて

会社を辞めて、これはホントに

絶妙なタイミングで、

ワタシにしては、

珍しくナイスな決断だったけど、

まあ、何でもいいわ。

チチがあまり苦痛を感じないで、

長生きできそうなら、その可能性に

賭けたい。

そう思ってますわ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドーナツドリーム続き

コネタマ参加中: あなたが一番好きなパンは?

(先に9月3日の「ドーナツドリーム」読んでkissmark

・・・・・行ってきましたhappy02

しっとり懐かしい味神戸ドーナツ10P04Sep09

①中学校の時の通学路にあった

 ワタシの理想のドーナツを売っていたパン屋さん。

→今はヤングドライの兼業でやっていて、

 パンは日持ちのしそうなもの数種類だけで、

 ドーナツはもう・・ありませんでした~down

②近所の手作りパン屋さん。

 ここならきっと、私の理想とするサクサクジュワっの

 ドーナツがあるはず!と期待してはいたものの、

 こないだレポートした通り、どうも、

 開店してから、「ドーナツ」を作るまでの優先順位が

 低いらしいので、おととい、夕方4時に行ってみました。

 朝行くと、「ドーナツ?まだないわ~」と

 言われるこのパン屋。

 4時に行っても「まだないわ~」て。

・・・や。

・・・・それ。

・・・・まだ、

っていうか。

・・・・作ってないがじゃないがっ?!(思わず富山弁で怒る)

ドーナツドリームは、ほんとにドリームで

終わるんじゃないかと思われdespair

にほんブログ村 主婦日記ブログへ応援クリック、ポチっとおひとつお願いします。
にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セレビーな散歩

ブログランキング・にほんブログ村へ

旦那と二人で隣の石川県金沢市に

遊びに行ってきますたんnote

・・・と言っても、今日は夕方から、老人ホームに

預けている痴ほう症の母方のお祖母ちゃんの

トコに顔を出すというミッションがあったので、

朝8時半に出発して、昼の2時半には

金沢を出発するという、短時間の

交通費ばかりが高い、セレブ的なお出かけを

してきましたわyen

(や。片道740円/人の旅、合計2960円の交通費を

セレブと呼んでる自体が庶民の証かcoldsweats01

けけは大学時代、金沢だったので、

まあいろいろと懐かしかったっすhappy01

有名どころの兼六園を見てから、

紅葉もみじ 〜兼六園〜
©2004 Sapporo TV House. / Synforest Inc. All Rights Reserved
提供:@niftyコンテンツ

大学時代は貧乏で一度も

足を踏み入れたことのなかった、

近江町市場という、有名な魚市場街に

行ってきました。(東京で言えば築地、みたいな)

近江町市場、大松水産さんの「一夜干しセット」

そして、これが今日のおランチshineshine

Kaisendon Ikuradon

旦那の海鮮丼(14種の刺身丼)と

ワタシの三種盛り丼(ウニ、イクラ、カニ丼)すわ。

それぞれ2000円wine

刹那セレブすわ( ̄ー ̄)ニヤリ

そうして、刺身を満喫して、けけ母と落ち合って

お祖母ちゃんのトコへ行く道すがら、

けけのお母はんが一言。

「あらー。今日の夕飯も刺身やぜ(-ε-)」

・・・まあ、ダブルラッキー!・・ということで(^-^;

米寿(88歳)のお祖母ちゃんは

お陰さまで元気でした。

痴呆症と言っても、直近の記憶が

ちょっとフワフワするみたいで、

けけの事も、二回会っただけの

けけの旦那の事も、

すぐわかりました。

まあ、旦那は香港人で

日本語ができないので、

ワタシが通訳しながら、おしゃべり

したんだけんど、お祖母ちゃん、

「耳遠くて、何ゆうとるか、わからんわ。」て。

(耳遠くなくても、広東語やからわからんやろけどcoldsweats01

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へポチっと応援クリックお願いします。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ご近所Aさんの証言

ブログランキング・にほんブログ村へ

ワタシと旦那はいつも手をつないで歩くheart

そして、日本人なワタシが下手に照れで

手を振り払ったりして、ダーが今度から

気を遣って手をつないでくれなくなるのが

いやで、いつも恥ずかしくてもそのままにしている。

10代や20代前半なら、若いからそういうこともあろう。

定年を迎えたおじいちゃんおばあちゃんもかくありなん。

35歳のおばはんと45歳のおっさんという

この年代が手をつないで歩く光景は、日本では

多いのか少ないのか・・・ワタシには知る由もないけど。

日本では車のないワタシタチは、地元富山では

もっぱら散歩して時を経てる。

(免許はあるんだけど、家に車が余っていない。)

今日も1時間の散歩を終えて、家の近くに

帰ってくると、少し手前から、同じ町内の

おばはんが家の前に立って、

こっちを見ているのが見えた。

「あ、やべ。」

という気持ちと

「でも、ダーと手を振り払いたくはないわheart01

という気持ちで、一瞬葛藤。

でもすぐ、「ま、いっかcoldsweats01

と思い直して、手をつないだまま直進。

町内のおばはんはワタシタチが

通り過ぎるまで、ずっと家に入らず、

かと言って、何かするわけじゃなく、

じ~~~~っと、ワタシタチから

目を離さずに近づくのを見ているではないか。

「ちっ、なんだよー。」

と思いつつ、

「こんちは~。コレ、旦那です。」

と挨拶。

おばはんも、微妙な表情で挨拶。

おばはんが何か更に突っ込みたそうだったので、

旦那を指さして、ちょっと困った顔で、

「日本語喋れないんで。」

と、そのまま、そそくさと通り過ぎ。

「あら~。見た目は日本人みたいなのにね~」

と通り過ぎたワタシの背中に

更に食らいついてくるおばはん相手に、

「え~、見た目は同じなんすけどねえ」

と背中のまま返答。

「ハハハ・・」というおばはんとワタシの

愛想笑いが辺りを包んだ。

田舎すからね~。

いい若いモンでもないワタシが

手をつないで歩く姿は、

ご近所の皆さんには

珍しく映るんちゃうかな~・・・。

「それでね~、○さんトコのけけちゃん~、

ゆうべ旦那さんと、仲良く手をつないで

歩いとったわ。

もう、けけちゃんももう確か35歳くらいじゃないかねぇ、

それでも、堂々と手つないで、

なん、喋りかけても、手も離さんと、

おったよ。」

そう話すおばはんの顔が浮かびます。

今夜まず自分の家族にそう言うんだろう。

そして、それが明日になれば、

町内のオババさま達に話しされ、

最後はけけのお母さんに、

「あんたトコの~、けけちゃん~、

旦那さんとホントに仲良しでいいねええええ」

と、伝えられるんだろう。

まあ、いいわ。それでもダーと手つないで

歩けるうちが花じゃheart

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へどうか、みなさんの応援クリックお願いします。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドーナツドリーム

コネタマ参加中: あなたが一番好きなパンは?

見つけたで。ノッてみたいブログネタheart

ブログネタで初投稿すわ。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

ドーナツheart01

美味しいドーナツを求めて、

日本に帰ってきたどーーーーーーーーー。

(ま、ドーナツ目的で飛行機に乗ってきたっちゅうわけじゃないけんどcoldsweats01

この世に美味しいパンも、おしゃれなパンも

今じゃいろいろあるけれど。

ついつい追い求めてしまうのはドーナツ。

そして、いつも失敗なドーナツ(香港でね)。

ワタシの忘れられない理想のドーナツlovely

中学校の時に、通学途中にあったパン屋さんの、

袋に入った巨大ドーナツ(当時80円。)

それは、いわゆる昔ながらの

ドーナツですわ。

M○.ドーナツとかのオールドファッション系の

硬身のヤツじゃぁーダメpout

そして、今どきの、オシャレで細心の注意で

もって揚げられた、油が完璧に切れていて、

しっとりふっくら柔らかくて、アラ、全然油っぽくないわ、

・・・・・というのも、・・・・ダメす!!despair

多分、普通に揚げて、それなりに、だけ

油を切っているのか、

食べると、生地のつなぎ目のトコロが、

ちょっとだけ、硬めなんすわ。そして、更に、

そ・こ・が!

ちょっと、やや揚がり過ぎとばかりに、

口応えがサクサクっちゅうか、カリカリっちゅうか・・としつつ、

ちょっとだけ、油が残っていてジュワっと来るヤツ!!!

この、一部だけサクサクジュワheart04っとなった部分を

食べるのが、ドーナツを食べる楽しみの中の楽しみ。

香港でも、そういうドーナツがないかと、

いろんなパン屋に寄って、ドーナツばかり

買っては、失敗に終わるんす。

多分、どれも上手に揚げて、油を切り過ぎ。

(はっ!・・・もしかして機械化で全体が均等なのか?!)

サクサクジュワっと沁み出してくるモンが

ないんすわshock

けけの実家の近くに、手作りパン屋がある。

高齢化の進むここらへんに、もう何十年も

細々と営業を続けている。

きっと手作りパン屋さんなら、

ワタシの心に描く、サクサクジュワっの

ドーナツがあるに違いない!

と思って、ここのドーナツを狙っている。

が!

そんなに買いに来るお客さんも多くないからか、

一種類に5個くらいずつしか置いてない。

しかも、一種類ずつ、順番に作っているからか、

一気に全種類という置き方じゃないし。

開店してから、まずできた数種類を置いて、

そこから時間の経過と共に、少しずつ

店頭に出てくる、という、何とものどかなパン屋さんなのだ。

そして、帰国の度に何度かトライした結果、

お年寄りはあまり揚げ物系のパンを

買わないのか、開店と同時に行っても

ドーナツはない!・・・ということが判明。

ドーナツの優先順位が低いらしいのだdown

まあ、今回9日までいる間に、

開店してから数時間後という微妙な時間に

またトライしたいと思いますわ。

富山県高岡市で、このドーナツがあるなら、

誰か教えてくれ。

帰ってくるときは関西空港が多いから、

大阪でもいいす。

東京にあるなら、羽田空港経由で

検討しますわ。

よろしこ。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ こちらのランキングの方もポチっとおひとつお願いします。
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがた炒飯

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
けけ夫婦、明日から10日間、日本の旅すわnote

それで、今、うちのダーが仕事に追われまくっております。

昨日の晩、外から買い物を終えて帰る私に電話がありますた。

「お前はこれから、直接アマー(姑)のトコロへ行けー。」

というミッション・インポッシブルヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

自分は仕事が忙しいから、ワタシ一人で、姑の家に

行って、「お姑ご飯」を食べろ、と。

・・・・・。

それは・・・・

もちろん・・・・

物理的に無理な事ではありませんよ。

・・・・心理的には、かなり、勘弁してほしいけどshock

・・・うらめしいっすbearing

だって、アンタ。

考えてもごらんよ。

アマーがうちらに

「帰って来~い、帰って来~い」て言うのはさ~

普通に考えたら。

「息子に帰ってきて欲しいから」、

じゃないのさ。

それなのに、ワタシが一人で帰るなんて、

アマーだって「かったり~」って感じだし、

ワタシだって「やってらんね~」って感じ。

だって、アマーは72歳のバーサンなんすよ。

膝も悪くて、ガクンガクンと歩くんすよ。

そんな人が、血のつながりもなく、若くて元気で、

まさに家事をするのが仕事である、専業主婦の

ワタシの為に、ヨロヨロって、ご飯作るんすよdespair

そして、明日からの日本帰省に備えて、

冷蔵庫の中身一掃作戦実施中のワタシに、

お土産までくれますた。

コレす。

Photoいつもの事ながら、

「一体何人分作ったんだ?」という

大量のチャーハン。

Photo_2 電子ジャーの内鍋に(しかも)圧縮して

満杯に詰め込まれているチャーハン。

そして、アマーは言うんすわ。

「それ、明日の朝ごはんで食べ切ったら、

明日の(日本に発つ前日のとても忙しい)晩も

息子と二人で来たらいいわよheart」と。

・・・・・や。

・・・っていうか、電子ジャー満杯(しかも圧縮)の

チャーハンは一回じゃ、二人で

食べ切れないんすけど・・。

そうして、引きつった笑顔coldsweats01で家に帰ると、

ダーが、自分の大好きな、韓国の辛ラーメンに、

自分の大好きな、フランクフルトと、ソーセージと、

スパムと、「肉の塩漬け祭り」して

ご満悦の食事をされておりましたわ。

てめー、自分ばかり好きな物をここぞとばかりに

食い尽くしやがってannoy

このチャーハンは冷凍だな。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へホント、お願い。

暖かい励ましクリック下さい。ちょっとグッタリすわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今スゴイらしっすね、村上はん。ねじまき鳥クロニクル

にほんブログ村 本ブログへ

1Q84 book 1(4月ー6月) 1Q84 book 1(4月ー6月)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

今、この本ですごいベストセラーを出してるそうな、

村上春樹はん。

そんな日本の時代の流れは露知らず、

家の本棚にあった本を読みました。

(ワタシ、思ったんですけど、

・・・自分の本棚にある本をあんまりわかってないんすわ。

いつも本屋に行くと、つい衝動買いして、そのまま

気が向くまで寝かせておくから。)

それが、

「ねじまき鳥クロニクル第一部泥棒かささぎ編」。

ちょうど三十路にさしかかったばかりの夫婦が

出てきます。

「明るくも暗くもなく、淡々と日常生活描かれているだけ」、

・・・と言うと、つまらなそうに聞こえるでしょっ!

それが

何故か、

面白いんだな。smile

よくありがちな理由で会社を辞めて、

家で家事をする主夫の主人公が、

フラフラといろんな人と縁しながら、

危うい人間関係を広げていくんすわ。

・・・っていうか、知り合う人達が

ことごとく変わっているだけで、描かれているのは、

あくまでも普通の日常生活すわ。

ワタシ的には、是非、第二部も読んでみたいです。

・・・誰かプレゼントしてくれれば。

・・でも、やっぱり

自分で買っちゃおかなー・・・。

・・・ん~~~~bearing

っていう、微妙に冷静と情熱の間を

漂わせる本ですた。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へこの応援クリックがホントに楽しみ!happy02

何とか一つお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »